写真
写真
写真
写真
矢印アイコン
矢印アイコン

「萩」という名の世界遺産

萩市は、山口県の北部に位置し、市北部は日本海、東部は島根県に接しています。

毛利輝元公が萩城を築いて400年余、城下町のたたずまいが今日まで継承され、今も「江戸時代の地図がそのまま使えるまち」です。

幕末には、吉田松陰、高杉晋作をはじめ、日本人として初めて英国に密航留学した「長州ファイブ」など、19世紀末の世界史の奇跡といわれる日本近代化の礎を築いた多くの人材を育て、輩出したことから、「明治維新胎動の地」として知られています。

2015(平成27年)年7月には、萩城下町などの萩の5つの資産を含む「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産登録されました。

また、北長門海岸国定公園に指定されている美しい海岸線、国指定名勝の長門峡など、海、山、川のすばらしい自然に恵まれ、そこで育まれる海の幸・山の幸は絶品です。

「萩の瀬つきあじ」、「萩のあまだい」、「須佐男命(みこと)いか」などの水産物。

「萩夏みかん」、「千石台だいこん」、「山口あぶトマト」などの農産物。

「一楽二萩三唐津」と呼ばれ、我が国屈指の焼き物である伝統的工芸品「萩焼」。

是非この機会に、萩市で育まれ、大切に培われてきた産品の数々をご堪能ください。

山口県萩市の地図
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

ページトップへ